お通夜やお葬式へ行く時折、御香典を取り出します。

御香典は、インフォメーションで引き渡すことが一般的です。

最近はインフォメーションを担当しているのは、遺族や親族といったかたがたではなく、
近所のヒューマンであったり、葬儀店舗のヒューマンであったりすることが多いです。

但し近所のヒューマンであっても、葬儀店舗のヒューマンであっても、
インフォメーションをしているヒューマンは、遺族や親族のバリエーションとなるヒューマンだ。

そのため御香典を差し出す時折、お悔やみを言わなければいけません。

「こういう度はご愁傷氏でした」や「お悔やみを申し上げます」などと言います。

そうしてふくさから、香典カバンを出します。
相手に傍が向くようにして、香典カバンを渡します。

インフォメーションでは、お通夜やお葬式の一覧がありますので、記帳しましょう。

お通夜の場合には、最近はインフォメーションがないこともあります。
そのときは、祭壇に供えるようになっていますので、注意しましょう。

訃報を聞いて、お通夜の前に弔問する場合には、御香典は持って行きません。
持って行かないことが、自然とされています。家族葬の費用